[PR]

始球式リレー@東京

 29日の東東京大会決勝で、全国の地方大会を九つのボールでつなぐ「始球式リレー」があった。東京都中学校野球選手権大会で優勝した駿台学園中学校のバッテリーが大役を務めた。

 始球式を務めたのは、駿台学園中学のフォークナー騰真君(3年)と冨安翔太君(同)。捕手の冨安君は外野まで埋まった観客席を見て「この中で野球をする高校生を素直にすごいと思った」。フォークナー君の直球が内角に決まると歓声が上がった。フォークナー君は「このマウンドを経験できるのも限られた人。楽しめました」と笑顔で語った。(小林直子

こんなニュースも