JR九州、午後から特急列車を減便・運休 台風12号

上遠野郷
[PR]

 JR九州は、九州に接近する台風12号に備えて、29日午後から特急列車の運行を減らしたり、運休させたりする、と発表した。

 博多と大分などを結ぶ特急ソニックは、午後4時以降は運行本数を減らす。にちりん(大分―南宮崎・宮崎空港)やきりしま(宮崎―鹿児島中央)といった日豊線の特急や、久大線経由のゆふいんの森(博多―由布院・別府)も午後、ほとんどの列車を運休させる。かいおう(博多―直方)、きらめき(小倉・門司港―博多)は午後運休する。

 山陽線の下関―門司、鹿児島線の門司港―荒尾、日豊線の小倉―中津、筑豊線の直方―桂川、篠栗線の桂川―吉塚も、午後4時以降は運行本数を減らす。(上遠野郷)