[PR]

 全日本吹奏楽コンクール第57回県大会(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は最終日の29日、山形市の県民会館(やまぎんホール)で、4部門に計40団体が出場した。大学の部では山形大学吹奏楽団、小学校の部では米沢西部、南沼原(山形)、山形二の3校が、中学校小編成(25人以内)では金井(山形)と三川の2校が、職場・一般の部では酒田吹奏楽団、寒河江吹奏楽団の2団体が、それぞれ東北大会への出場を決めた。

 小学校の部では、南沼原が3年ぶりの東北大会出場となった。コルネットの板垣美花(みはな)さん(6年)は「うれしくて泣いちゃった」と照れくさそうな表情。「金管バンドなので、柔らかくて心に響く演奏ができれば」

 「眩(まばゆ)い星座になるために…」で県代表に選ばれた米沢西部。樋口こころさん(6年)は「夜空にきらめく星のように、私たちももっともっと輝きたい」と意気込んだ。

 山形二のピッコロの高橋香里奈…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら