拡大する写真・図版 午前中から最前列でボブ・ディランの登場を待つ濱口安弘さん、青野教示さん、金安昌晴さん(左から)=29日、グリーンステージ

[PR]

 ボブ・ディランが登場した29日の「フジロック・フェスティバル2018」。会場の新潟県湯沢町の苗場スキー場には、27~28日の2日間と比べて、中高年の姿が目立った。大雨が降ったかと思えば、日が差す不安定な天気に参っているかと思いきや、ディランファンたちは並々ならぬ気合で臨んでいた。

 「あらかじめ、ボブの優れた点を教えておくけど」

 ディラン登場まであと5時間に迫った、午後2時ごろ。そのステージの目の前に来た高橋誠一郎さん(65)に記者が声をかけると「解説」が始まった。高橋さんによると、ディランの優れた点は、文学者(歌詞)、作曲家、曲の神髄を表現する歌のうまさなど。「苦悩を抱えた感じだけど、実はユーモアのある面白い男だよ」

 唐突に質問された。

 「ボブの音楽の種類はなんでしょう?」

 えっと、ロック? フォーク?……。

 「間違ってはいないけど、一部分にすぎない」

 では何……。

「じゃあ、ゆっとくね。『ボブ・ディラン』というジャンルだよ」

 ディランとの出会いは1972年、大学1年生の時。ファーストアルバムを聴き、「10秒で心をつかまれた」。それから46年。「今日はこの空間で、どんなボブ現象が起きるのか」。27~70歳のディランファン5人でこの日午前、車で東京を出発した。

 ステージ前に着いたとき、強い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら