栃木の強盗殺人事件、容疑の男と少年を逮捕

[PR]

 栃木県栃木市の住宅で父子2人が死傷して現金や通帳などが奪われた事件で、県警は29日、栃木市平柳町2丁目、自称とび職石崎太容疑者(34)と宇都宮市の無職少年(19)を強盗殺人と強盗致傷の疑いで逮捕し、発表した。2人は容疑を否認しているという。

 捜査1課と栃木署によると、2人は26日午前2時ごろ、栃木市柏倉町の無職大阿久徳次さん(82)方で、大阿久さんの頭や上半身などに暴行を加えて殺害したほか、同居していた長男正一さん(59)の顔を複数回殴るなどの暴行を加えてけがをさせ、現金約30万3千円や預金通帳3冊などを奪った疑いがある。2人は知り合いという。

 大阿久さん親子は二人暮らしだった。正一さんは県警に「父親の声で目が覚めて部屋に行くと、男に顔を殴られ、腰を蹴られるなどの暴行を受けて意識を失った。意識が戻ると、犯人がいなくなっていた」などと話していた。