[PR]

 京都大がヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植する臨床試験(治験)を始めることが29日、わかった。学内の審査を終えたという。チームは30日午後、計画を正式に発表する。iPS細胞を実際の患者に用いる臨床応用は、国内では目、心臓に続き三つ目となる。

 移植は京大iPS細胞研究所の高橋淳教授(脳神経外科)らのチームが実施する。治験を監督する医薬品医療機器総合機構(PMDA)に届け出ていた。

 パーキンソン病の主な症状は、神経を興奮させるドーパミンという物質をつくる脳内の細胞が減少することで起きる。チームは、iPS研が保管している他人のiPS細胞から、ドーパミンを産生する神経細胞を約500万個つくり、患者の脳に移植。安全性や治療効果を確認する。免疫抑制剤のほか、患者と免疫の型が似ているiPS細胞を使うことで、拒絶反応が起きにくいようにする。

 霊長類のカニクイザルを使った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら