写真・図版

[PR]

 京都大がヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植する臨床試験(治験)を始めることが29日、わかった。学内の審査を終えたという。チームは30日午後、計画を正式に発表する。iPS細胞を実際の患者に用いる臨床応用は、国内では目、心臓に続き三つ目となる。

 移植は京大iPS細胞研究所の高橋淳教授(脳神経外科)らのチームが実施する。治験を監督する医薬品医療機器総合機構(PMDA)に届け出ていた。

 パーキンソン病の主な症状は、神経を興奮させるドーパミンという物質をつくる脳内の細胞が減少することで起きる。チームは、iPS研が保管している他人のiPS細胞から、ドーパミンを産生する神経細胞を約500万個つくり、患者の脳に移植。安全性や治療効果を確認する。免疫抑制剤のほか、患者と免疫の型が似ているiPS細胞を使うことで、拒絶反応が起きにくいようにする。

 霊長類のカニクイザルを使った研究では、実際にドーパミンが増え症状が改善。2年経過観察し、腫瘍(しゅよう)はできず安全性は確認できたという。

 iPS細胞から組織をつくり移植する再生医療はこれまで、理化学研究所のグループが目の難病の加齢黄斑変性の患者に実施している。大阪大のグループは近く、重症の心不全の患者に心筋のシートを移植する。今回の計画は3番目となる。このほか、慶応大による脊髄(せきずい)損傷を治療する計画や、京大の別のチームによる血小板をつくる計画も進んでいる。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/