[PR]

 西日本を東から西へ横断した台風12号は30日正午現在、鹿児島県・屋久島の西約70キロの東シナ海上にあり、時速約20キロで南へ進んでいる。台風は速度を落としながら南下し、31日朝にかけて屋久島の西海上にほぼ停滞する見込み。九州や四国、鹿児島県・奄美地方では、台風を取り巻く雨雲の影響で大雨の恐れがある。

 福岡県豊前市付近に再上陸した台風12号は、29日夜遅くに有明海付近に、30日朝までには九州の西海上に抜けた。正午現在の中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、半径220キロ以内では風速15メートル以上の強風が吹いている。

 気象庁によると、31日午前6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で四国250ミリ、九州北部と南部200ミリ、奄美地方120ミリ。台風本体の雲は小さいが、停滞する影響で局所的に雨雲が発達する恐れがあり、土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫(はんらん)に注意が必要という。

 九州では鉄道が一部乱れた。JR九州によると、30日午前6時前、肥薩線の白石(熊本県芦北町)―球泉洞(きゅうせんどう)(同県球磨村)間で、上り普通列車が線路上の倒木とぶつかり、一時停車。午前6時35分ごろには、日豊線の亀川駅(大分県別府市)で、下り普通列車のパンタグラフが、架線に引っかかっていた竹と接触して停車した。いずれも乗客にけがはなかった。