[PR]

 国内のアマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟(山根明会長)が、日本スポーツ振興センター(JSC)からオリンピック強化選手ら個人に支給される助成金を不適切に使っていたことが分かった。

 関係者によると、2015年度分の助成で、16年リオデジャネイロ五輪代表の成松大介選手(28)=自衛隊体育学校=の口座に240万円が振り込まれたが、成松選手は山根会長から別の2選手にも分配するように命じられ、それぞれの口座に80万円ずつ振り込んだという。

 その後、成松選手は東京の同連盟事務所に呼ばれ、副会長と理事の2人から「人に言わないで」「(助成金は)何に使ってもいい。女に全部やってもいい」「自分の意思で分けてやったということにしてほしい」「会長の命令でやったとなるとおかしくなる。本来の趣旨と違うとなり(助成金が)セーブされる」などと言われたという。

 同連盟は27日、朝日新聞の取材への回答で、成松選手から「会長からそのように(分配するように)言われた」と訴えがあったことを認め、その後に山根会長から成松選手に160万円を送金したと明かした。

 JSCの関係者は「おおむねその通り」とした上で「連盟で調査してもらい報告してもらう」と話した。

 また、都道府県連盟の幹部や関係者333人でつくる「日本ボクシングを再興する会」は27日付で日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を送った。この助成金の問題のほか、日本連盟が試合用グローブなどを不透明に1社に独占販売させていたことや、山根会長らが審判に不当な圧力をかけて試合結果を操作した疑いなどを指摘。JOCに調査と同連盟への処分を求めた。