正恩氏とトランプ氏、北京の北朝鮮大使館に写真掲示

北京=冨名腰隆
[PR]

 北京の北朝鮮大使館正門横の掲示板に、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領やトランプ米大統領と会談した時の写真が登場し、注目を集めている。非核化交渉の膠着(こうちゃく)が指摘される中、外交努力をアピールするねらいとの見方も出ている。

 掲示板は通行者の目にとまる歩道脇に設置されている。韓国メディアによると、昨年までは弾道ミサイル実験などの成果を掲示していたが、今年3月に正恩氏が訪中すると、習近平(シーチンピン)国家主席との首脳会談の様子を伝える写真に変わった。

 正恩氏は今年3度目の訪中となった6月下旬、同大使館を訪問。その後も掲示板には、対話路線を強調するかのように文氏やトランプ氏の写真が追加され、最近訪朝したロシアのラブロフ外相や国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らとの会談写真もあった。

 北朝鮮は今月、朝鮮戦争休戦協定締結から65周年を迎え、米国に米兵の遺骨を返還。中国外交筋は「対話を推し進めたい北朝鮮の意思は、より鮮明になっている」と語る。(北京=冨名腰隆