価格も納期も米主導 陸上イージス、さらに値上げの懸念

有料会員記事

藤原慎一
[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の総額が、5千億円近くに上ることが明らかになった。トランプ米大統領が安倍晋三首相に求める「バイ・アメリカン(米国製品を買おう)」。最新鋭戦闘機に続く米国の防衛装備品調達は米主導が避けられず、価格のさらなる高騰も懸念される。

 「金額をできるだけ低減できるような努力をしていきたい」「なるべく早く展開できる努力をしたい」

 小野寺五典防衛相は30日、イージス・アショアに搭載する米国製の最新鋭レーダーの採用を発表した場で、この点を強調した。

 これまで1基約800億円と…

この記事は有料会員記事です。残り565文字有料会員になると続きをお読みいただけます。