[PR]

 自民党の小泉進次郎・筆頭副幹事長は30日、9月の総裁選への対応について「選挙はやってみなければわからない。最後までしっかり考える」と述べ、構図が決まるまで情勢を見極める考えを示した。視察先の高知県内で記者団に語った。

 総裁選は主要派閥がこぞって推す安倍晋三首相に、石破茂元幹事長が挑む一騎打ちの構図が固まりつつある。無派閥の小泉氏は「まだ最後の構図はわからない」と指摘。石破氏が小泉氏の支持に期待している点については「まだ(総裁選まで)1カ月以上ある。コメントすることではない」と述べるにとどめた。(笹川翔平)