[PR]

 環境省と経済産業省は31日、家庭から引き取った廃エアコンや洗濯機など4品目の家電計1万952台をメーカーに引き渡さなかったことが、家電リサイクル法違反にあたるとして、アーク引越センター(本社・名古屋市、杉原正憲社長)に是正勧告した。同法はリサイクルを推進するため、エアコンなど大型家電4品目を、小売店が回収後にメーカーに適切に引き渡すことを義務づけている。

 環境省によると、同社は2014年4月から今年5月、全国13店舗で引っ越しの際に引き取ったエアコンなどを不用品回収業者に有償や無償で引き渡すなど、適切に処理していなかったという。