[PR]

 国民の9割がイスラム教スンニ派のエジプトで、宗教権威が離婚相談のホットラインを立ち上げた。イスラム教では離婚は忌み嫌われる行為とされるため、夫婦のよりを戻すことに主眼を置いている。宗教は離婚の歯止めになるか。

 ホットラインを立ち上げたのは、カイロにあるイスラム教スンニ派の最高権威機関アズハル。4月から離婚に関する市民相談に乗りだし、電話やメールなどで受け付けている。

 アズハルによると、「別れた夫が慰謝料をくれない」「離婚したらどうなる」といった声にイスラム法学者らが応対する。これまでに約1千件の相談があったという。約7割は女性からで、うち210件は復縁したり、離婚を思いとどまったりしたという。相談に対応するオサマ・ハディディさん(37)は「家族が再び一緒になれるように、宗教的な側面から助言している」と話す。

 例えば、夫の暴力で離婚を考え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも