[PR]

 阿蘇山の雄大な自然をテーマにしたフラダンスを、全国のダンサー約130人が山上で奉納する催しが10月にある。ハワイのフラ師範が阿蘇を訪れた際の感動を歌に詠み、歌詞を贈られた宮崎県のフラ教室主宰者が「熊本地震からの復興の一助になれば」と開催を提唱し、全国各地でレッスンを続けてきた。

 歌詞のタイトルは「Ua Nani Asosan(ウア ナニ アソサン)~美しい阿蘇山~」。ハワイ島・ヒロ在住で、火山と火の女神ペレに捧げる踊りを代々受け継ぐナラニ・カナカオレさんが2016年、阿蘇を訪れた時の印象をハワイ語で作詞した。

 カナカオレさんは、2017年まで宮崎市で開催されていた国際的なフラ・フェスティバルの審査員を務めていた。カナカオレさんの弟子で、日向市でフラ教室を開いている岡山睦子さん(71)が、10年に阿蘇を案内したことから、昨年2月に歌詞を贈られ、関東や関西、中国、九州などの各地で賛同者たちにレッスンしてきた。

 九州では16年4月、熊本地震…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら