イニエスタ、8歳にして「魔法使い」 母国の恩師が語る

有料会員記事

河野正樹
[PR]

 28日にノエビアスタジアム神戸であったJ1神戸―柏戦。初先発した神戸のスペイン代表MFイニエスタがボールを持つたびに会場がわき上がり、急所を突くパスが入るたびに感嘆の声が響いた。

 神戸の選手たちはまだまだ連係不足のものの、イニエスタの動きに呼応するような動きを見せ始めた。対戦相手の柏MF金甫炅も「能力がずば抜けている。相手のプレスを1タッチ2タッチでかいくぐってしまうことを肌で感じた」とため息をつくほどだ。

 なぜ、こんなに視野に広く、パスのうまい選手が育ったのか。5年前のことだった。2008年、12年の欧州選手権、10年のW杯で優勝したスペイン代表の強さを取材していた際に、イニエスタの関係者にも話を聞いたことがある。

 なかでも印象に残っているの…

この記事は有料会員記事です。残り390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。