[PR]

 原爆で親や子を亡くした人たちの手記をもとに、毎夏、各地で朗読劇を上演してきた「夏の会」(東京)が、来年夏に活動を終える。中心メンバーの俳優、渡辺美佐子さん(85)を突き動かしてきたのは、広島で被爆し12歳で亡くなったある少年だった。

 「お母ちゃんの骨は 口に入れると さみしい味がする」

 7月6日、広島市安芸区のホールに、渡辺さんの声が響いた。朗読するのは、原爆で肉親を亡くした親や子たちの手記や詩。幼い子どもたちの写真がスクリーンに次々に映し出された。

 2008年から250回以上公…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。