[PR]

 福岡ソフトバンクホークスの投手だった大田原隆太さん(31)が、第二のマウンドに挑んでいる。選んだのは警察官の道。出身地の宮崎でこの春から、年下の同期にまじって厳しい訓練に励んでいる。

 宮崎市にある宮崎県警察学校の道場で6月下旬、柔道着姿の初任科生約40人が2人1組になり、逮捕術の訓練をしていた。身長190センチを超す体格で、ひときわ目立つのが大田原さんだ。「教官からはまだまだセンスがないと、しかられます」。一人前の警察官をめざし、今年4月に入校したばかりだ。

 宮崎県都城市出身。都城工業高校の3年生だった2005年夏、ノーヒットノーランを達成するなど宮崎大会屈指の左腕として注目を集めた。その年の秋の高校生ドラフトで、ホークスから4位指名を受け、松田宣浩選手や本多雄一選手らと一緒に入団した。

 しかしプロの壁は厚かった。2年目の07年、2軍で5勝をあげて1軍への道が見え始めた矢先、肩のけがに見舞われた。痛み止めを打ちながらプレーを続けたが完治せず、12年に退団。「やりきった気持ちもあった」と現役引退を決めた。

 引退後は地元に戻り、宮崎市内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら