「自分のために滑れそう」練習公開の羽生結弦、一問一答

有料会員記事

山下弘展
[PR]

 フィギュアスケートの男子シングルで五輪2連覇を果たした羽生結弦(23)=ANA=が本格的なシーズン入りを前に30日(日本時間31日)、拠点のカナダ・トロントでの練習を公開した。報道陣の取材に応じた羽生の主なやりとりは次の通り。

 ――今季のフリーについて教えて下さい。

 「曲は『アート・オン・アイス』をアレンジした。(トリノ五輪金メダリストの)エフゲニー・プルシェンコさんが滑っていた印象が強くて、代表するプログラムの一つ。自分がこれから挑戦し、楽しさを感じながら、滑りたい。使わせてもらうのはちょっと恐縮するが、『コンティニューズ・ウィズ・ウィングス(4月、都内でのアイスショー)』で、『曲を使わせてもらいます』と伝えると、『がんばってね』という言葉もいただいた」

 ――自分らしさをどう出しますか。

 「振り付け自体はガラッと違うものになっている。僕は小学3、4年生のとき、『ロシアから愛を込めて』というプログラムをやっていて、そのころからロシア流、ヨーロッパ流の表現、曲が原点にある。(中学生まで指導を受けた)都築(章一郎)先生の原点もロシアにある」

 ――4回転アクセルは入れますか。

 「入れる予定はないです。練…

この記事は有料会員記事です。残り445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]