【動画】熊本城の石垣再建に向け、石材の形を整える作業が進んでいる=大畑滋生撮影
[PR]

 熊本地震で崩落した熊本城(熊本市)の石垣再建に向け、石工たちが、熊本県産の石をのみで一つひとつ削っている。7、8人がかりで1日1個ペースだ。

 2019年秋の外観修復をめざす大天守の足元の石垣だけで791個の石が崩れたが、つくり直すのはそのうち約130個。すべて元の形に合わせる。

 「かなりの重労働。昔の人がいかに手間をかけたかよくわかる」と担当者。崩れた石は城全体で7万~10万個。骨身を削る作業はあと20年ほど続くという。

関連ニュース