[PR]

 横浜港(横浜市)で8月、入港したコンテナ船の荷物からコカイン約115キロが見つかり、横浜税関が押収していたことが税関への取材で分かった。同税関によると、国内で押収された量としては過去最大規模で、末端価格で約23億円にのぼるという。

 税関によると、コンテナ船は8月上旬に入港し、船長が不審な荷物に気づき、税関に通報した。調べたところ、ラップで包むなどして約1キロずつ小分けにされたコカイン約115キロが見つかったという。

 コンテナ船はコロンビアを出発し、メキシコを経由して横浜港に到着したという。税関はコカインが積み込まれ、横浜港に到着した経緯などを調べる。