[PR]

 リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江選手(18)が「パワーハラスメントを受けた」と主張している問題で、日本体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)と夫で協会副会長の光男氏(70)が31日、声明を発表した。宮川選手に謝罪の意を示す一方で、宮川選手が示した発言内容の一部や、パワハラを否定した。

 A4判5枚の声明の冒頭で塚原夫妻は、「私たちの言動で宮川選手の心を深く傷つけてしまった」「私たちにも責任があることは確か」などと謝罪した。

 一方で速見佑斗コーチをめぐり、宮川選手が「あのコーチがダメ。私なら速見の100倍よく教えられる」と言われたと訴えていることについては、「速見コーチに暴力行為があったため、『あのコーチはダメ』と言ったが、『100倍よく教えられる』とは言っていない」と反論した。

 「五輪に出られなくなるわよ」との千恵子氏の発言は、したことは認めたうえで、「宮川選手がけがで成績が振るわなかったことを言ったもので、決して脅すための発言ではない」などとした。

 宮川選手とのこうしたやりとりの一部について、録音したものを持っていることを明かし、「録音内容をお聞きいただければ、私が決して高圧的な態度ではないことはおわかりいただけると思う」などと訴えた。

 発言内容を巡る両者の認識は食い違っており、今後の調査は協会が週明けにも立ち上げる第三者委員会に委ねられる。

 「日本の体操の未来を考え、一生懸命頑張ってきたが、私たちの言動に違和感を覚えていた方もいたと今は感じている」。塚原夫妻は声明の最後にそう記し、今後の進退について、「第三者委員会の結果なども踏まえ、関係者と協議することも検討する」とした。

 宮川選手の代理人の弁護士は「声明を見ていないのでコメントできない」と話した。