[PR]

 欧州航空機大手エアバスは30日、ANAホールディングスから受注した超大型旅客機「A380」の初号機の組み立てが、仏南部トゥールーズの工場で完了したと発表した。2019年春に引き渡され、東京とハワイ・ホノルルを結ぶ路線に導入される予定だ。

 今後は独北部ハンブルクまで初飛行し、現地工場で座席などの客室装備や機体の塗装をして仕上げる。「空飛ぶホテル」と呼ばれるA380は総2階建ての旅客機。ANAは16年に3機を発注した。(ベルリン=寺西和男)