[PR]

 岐阜市の「Y&M 藤掛第一病院」(藤掛陽生〈ようせい〉院長)に入院中の80代5人が相次いで死亡した問題で、司法解剖の結果、4人に熱中症の所見が認められ、1人は熱中症ではない病死とみられることが、捜査関係者への取材でわかった。岐阜県警は熱中症と死亡との因果関係をさらに調べる。

 病院では8月20日に本館3、4階のエアコンが故障。26、27日に両階にいた入院患者のうち男女4人が死亡し、24日から3日間3階にいた男性入院患者が28日死亡した。

 県警は5人全員に司法解剖を実施。いずれも病死とみられるが、4人には熱中症の所見があったという。捜査関係者によると、病院側は26、27日に死亡した4人は病死と判断。死亡診断書に熱中症の記載はなかったという。

 県警は今後、エアコン故障が熱中症や死亡に関係しているのかどうかを調べ、業務上過失致死にあたるかどうか慎重に見極める。

 病院の代理人弁護士は30日、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら