[PR]

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が虐待死したとされる日から、2日で半年がたった。結愛ちゃんがノートにつづった言葉が反響を呼び、国も緊急対策をまとめた。ただ、警察や児童相談所(児相)がどこまで家庭に介入すべきか、運用面の課題も多い。そんななか、親権制限のあり方にも目が向けられている。

 都内のパート看護師の女性(44)は、結愛ちゃんのニュースを直視することができない。幼い頃の自分と重なってしまうからだ。

 女性のアルバムには、3、4歳の頃、母親に手をたたかれながら何時間もかけて名前を書いた紙がはってある。当時、母親から1日のスケジュールを細かく決められた表があり、できたかどうか、◎から×まで4段階で書き入れなければならなかった。△と×があると、たたかれたり蹴られたりした。父親は仕事でほとんど家にいなかった。

 泣き叫ぶと、母は馬乗りになっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら