拡大する写真・図版 村上世彰さん=東京都渋谷区、山本裕之撮影

[PR]

 「物言う株主」として知られた旧村上ファンド代表の村上世彰(よしあき)さん(59)が、子ども向けに投資や金融について教える「いま君に伝えたいお金の話」(幻冬舎、税込み1296円)が6日発売される。お金をめぐる波乱の人生を歩んできた村上さんは、「お金を『汚いもの』として、子どもに考えさせないような文化を変えたい」との思いで執筆したという。

 プロの投資家として多額の資金を動かす今、なぜ子ども向けの本なのか。その理由を「子どもの時からお金のことを考え、家計についても知っておくべきだ」と考えるからだという。お金に束縛されない人生を歩むために、お金のため方や増やし方に関する考え方を養うことが必要だ、と強調する。

 自身は投資家だった父からお金のイロハを学んだ。小学生の時、大学生までのお小遣いを一括で受け取り、株式投資で何倍にも増やした逸話は有名だ。「投資は考える癖を養える」という。

 一方で、「日本人は考えが足り…

この記事は有料会員記事です。残り353文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り353文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り353文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら