[PR]

自民党が発表した見解「LGBTに関するわが党の政策について」

 わが党のLGBTに関する政策については、「性的指向・性自認に関する特命委員会」において議論され、平成28(2016)年5月、「性的指向・性自認の多様なあり方を受容する社会を目指すためのわが党の基本的な考え方」が取りまとめられ、同年7月の参議院選挙及び昨年の衆議院総選挙の公約に明記されたところです。わが党は、公約に掲げたように性的な多様性を受容する社会の実現を目指し、性的指向・性自認に関する正しい理解の増進を目的とした議員立法の制定に取り組んでいます。

 今回の杉田水脈議員の寄稿文に関しては、個人的な意見とは言え、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現があることも事実であり、本人には今後、十分に注意するよう指導したところです。

 わが党は、今後ともこの課題について、各国の法制度等を調査研究しつつ、真摯(しんし)かつ慎重に議論を進め、議員立法の制定を目指していく所存です。

 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。