[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会は1日、代表校による「甲子園見学」の第2日があり、32校がグラウンドの雰囲気を確認した。

 午前9時、浦和学院(南埼玉)からスタート。多くのチームがボールを使わずにノックの「ふり」をして連係プレーを確認するなか、興南(沖縄)はタオルを使ってシャドースロー。より実戦を意識した工夫が見られた。高岡商(富山)は見学の最後を、本塁付近での校歌斉唱で締めくくった。

 今夏は例年より出場校が多く開幕が8月5日と早いため、各校30分間の練習は行わず、15分間の「見学」とした。一般公開はしていない。

こんなニュースも