[PR]

 放送中のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」が放送終盤に突入した。今作の脚本は、1990年代のトレンディードラマを数多く手がけた「恋愛の神様」が手がけたことで話題を呼んでいるが、朝ドラに詳しいライターの田幸和歌子さん(45)は、恋愛以外の要素に着目する。

 注目は、恋愛の神様、北川悦吏子さんが脚本を担当した点ですね。1990年代に「あすなろ白書」「ロングバケーション」など民放のトレンディードラマを手がけた脚本家が朝ドラに挑んだわけですから。「律さ、将来ノーベル賞取るんやろ?(中略)雨の音がきれいに聞こえる傘。律作ってよ」(鈴愛のセリフ)。胸がキュンとするセリフがちりばめられ、近年の朝ドラにはないドキドキ感です。

 でも、私は恋愛部分よりも、描かれる時代に注目しています。バブルの余韻を引きずるキラキラした90年代を生きる若者を描いてきた彼女が、日本が失速していくその先の時代をシビアに描く。ヒロイン鈴愛ちゃんは漫画家の道に挫折し、100円ショップでアルバイト。結婚生活も順風満帆でなく……。

 しかも人に甘えっぱなしで成長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら