大分)「水中ドローン」でお魚解説 うみたまごが企画

有料記事

寿柳聡
【動画】水中ドローンのライブ映像は、来場者のスマホなどで見ることができる=寿柳聡撮影
[PR]

 水中散歩気分でお魚を観察――。大分市の水族館「うみたまご」が、無人の小型潜水艇(水中ドローン)で撮る映像を来場者がスマートフォンなどで見られるサービスを始めた。大回遊水槽の解説ショーで使われ、魚たちのより自然な姿を観察することができる。31日まで。

 大回遊水槽は水量1250トン。エイやサメ、イサキなど約90種1500匹が泳いでいる。水中ドローンは長さ46センチ・幅27センチほどで有線で操縦。船首のカメラで水中の様子を生中継する。

 来場者はスマートフォンなどにアプリをダウンロードして館内の無線LANにつなぐと、手元で同じ映像を見ることができる。画像の保存も可能だ。

 水槽の魚たちは、ダイバーが…

この記事は有料記事です。残り282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません