[PR]

 東海地方で映画やテレビドラマのロケーション撮影が相次いでいる。東京からの利便性や、ロケ地としての魅力が呼び水になっているうえ、ロケの誘致や支援をするフィルムコミッション(FC)の存在感が大きいという。

都会も自然も撮影可 エキストラも集まりやすく

 「本番入りまーす!」

 6月下旬の夜、名古屋市熱田区の神宮前商店街。人垣の中からスタッフの声が響いた。来年公開予定の映画「名も無い日」の一シーンの撮影だ。

 熱田区出身の映画監督、日比遊一さんがモニターをのぞき込む。カメラの前には2人の俳優が並び、ゆっくりとアーケードの下を歩いていた。主演は「大物映画俳優」(関係者)。公式ホームページなどで今後発表する予定だ。

 5月末から約1カ月間、監督の希望で多くのシーンが名古屋で撮影された。制作関係者の一人は「東京だとエキストラのドタキャンも少なくない。名古屋では皆さんがとても協力的で助かっています」。

 約300人必要だったというエキストラの募集を助けたのが「なごや・ロケーション・ナビ」。名古屋観光コンベンションビューロー(名古屋市中区)にあり、FCの活動を2001年から続けている。

 近年は年約200件の問い合わ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら