【動画】ワイン業界に「ロゼ推し」の動き=小田健司撮影
[PR]

 赤ですか? 白ですか? いえ、私はロゼで――。そんなやりとりが増えてくるかもしれない。欧米の一部の国ではロゼワインの消費量が増え、国内の業界ではブームを先取りしようとする動きが見える。カギはワインの多様性を認める食文化が根付くかどうかだ。

 東京・銀座に昨年オープンした「GINZA SIX」。高級ブランドなども入る大型商業施設の地下2階のワインショップ「エノテカ」には、非発泡性だけでも常に約100種類のロゼがそろう。国内に約60店舗を展開するが、ロゼをウリにするのはここだけ。伸びしろを見込んでのことで「若い人たちに受け入れられている実感がある」と樋上亮店長(36)は言う。

 ここにきて“ロゼ推し”の兆しが目に付く。

 サントリーワインインターナシ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら