[PR]

 堺市で今年2月、小学3年生の長男に暴行を加えて殺害したとして、大阪府警は2日、父親(35)と母親(34)の両容疑者を殺人容疑で逮捕し、発表した。2人は「暴行していない」と容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、2人の逮捕容疑は2月16日~17日未明にかけ、堺市北区の自宅で長男(9)に何らかの暴行を加えて殺害したというもの。17日朝、父親が仕事に向かった後、母親が119番通報。長男は搬送先の病院で死亡が確認された。

 捜査関係者によると、司法解剖の結果、死因は致死性不整脈で、目立った外傷はなかったが胃が破裂し、内臓を覆う腹膜も傷ついていたという。強く踏みつけられるなどの暴行を受けた疑いがあるとして、府警が捜査していた。

 母親は逮捕前、取材に「(虐待は)まったくない。夫もしていない。息子は病気もなく、死因は全然思いつかない」などと話していた。母親は事件後、近所の女性に「長男は朝起きたらベッドで亡くなっていた。前夜にタブレットを使い、夫に怒られていた」と話したという。

 大阪地検堺支部は10月31日、父親と母親について不起訴処分(嫌疑不十分)とし、発表した。