[PR]

 小・中学生の夏休みの自由研究を大学生が手助けする「0(ゼロ)から始める自由研究」が2日、藤枝市立駅南図書館であり、市内の小学4年生~中学1年生の9人が参加した。

 講師役は、静岡産業大藤枝キャンパスの大学3年生3人。子どもたちは学生から、自分の好きなものからテーマを選ぶ▽インターネットには正しくない情報もあるため図書館の本を活用する▽本の丸写しはしない――といったアドバイスを聞いた後、好きなことや気になっていることを付箋(ふせん)に書き出してテーマを決め、館内にある研究に使えそうな本を選んだ。

 昨年、自宅でひまわりを育てたことをきっかけに植物の仕組みについて調べることにした大村踏(ふみ)君(11)は「色々教えてもらってやる気が出た。研究するのが楽しみ」。同大の村松日高君(20)は「子どもたち全員がテーマを決めることができて良かった。自分の好きなものを楽しんで研究してほしい」と話した。(佐々木凌)