[PR]

 徳島県職員として採用された医師の男性(35)が、3年5カ月にわたり無断で民間病院でアルバイトをしていたなどとして、県は2日、この医師を懲戒免職処分とし、発表した。地方公務員法が定める営利企業等の従事制限に対する違反や信用失墜行為にあたるとしている。アルバイトは計324日間に及び、計約3800万円の報酬を得ていたという。このうち42日間は無断欠勤だった。

 県医療政策課によると、医師は大学卒業後、2010年4月にへき地医療を担う人材として県職員に採用され、県内の診療所などに派遣されていた。アルバイトをしていたのは14年10月から今年2月の間で、知人の紹介などで徳島、香川両県の民間病院4カ所で働いていた。このうち昨年4月から今年2月までの計42日間は、県内の病院で週1度の研修を受けたことになっていた。県は研修先の病院に確認しておらず、不正を見抜けなかった。男性は県の聞き取りに、「技量を高めたり知識を吸収したりしたかった」と話したという。(中村律)