[PR]

 戯曲や滑稽本を書いたり、発電装置エレキテルの実験をして人々を驚かせたり……。「たり」がいくつあっても足りない。江戸時代の博物学者で戯作(げさく)者の平賀源内である。「土用の丑(うし)の日」にウナギを食べることを発案したのも源内だという説がある。

 秋田との関係も深い。藩に招かれ、阿仁銅山の技術指導に訪れた。その際、上桧木内(かみひのきない)(秋田県仙北市)も訪問。和紙を貼り合わせた風船に熱風を入れ、浮き上がらせる原理を伝え、それが伝統行事「紙風船上げ」になったという。

 戦後中断された時期もあったが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも