[PR]

 猛烈な暑さが続く東海地方は3日、名古屋市で40・3度の最高気温を記録し、観測史上初めて40度を超えた。東京23区や人口100万人以上の大都市では初めて。岐阜県美濃市でも40・3度を観測し、各地で猛暑日となった。名古屋地方気象台によると、厳しい暑さはしばらく続く見込みだという。

 名古屋市の最高気温は同日午後2時1分に観測。これまで最高だった1942年8月2日の39・9度を76年ぶりに更新した。この日の全国最高で、1994年に現在の愛知県愛西市で記録した県内最高にも並んだ。

 岐阜県多治見市では39・9度を記録。三重県桑名市は39・8度で観測史上最高を更新した。愛知県豊田市で39・6度、岐阜県美濃加茂市で39・1度、同県揖斐川町で39・0度となるなど、この日の全国の上位7地点を東海3県が占めた。

 名古屋地方気象台によると、猛烈な暑さは、日本の上空で太平洋高気圧とチベット高気圧が重なり合っていることに加え、晴れの日が続き、気温が上昇しやすくなっているのが原因。東海地方では北西から山を越えて乾いた風が吹き下ろす「フェーン現象」の影響も加わったとみている。

 名古屋市は南から海風が入りやすく、多治見市など内陸部ほどは高温になりにくいが、この日は北西からの風が強かった。吉野純・岐阜大准教授(気象学)は「海側からの風が入らず、比較的高い気温になった可能性がある」と指摘する。名古屋地方気象台は「今後も暑さが続くので熱中症に注意してほしい」と呼びかける。

 名古屋市消防局によると、3日午後4時までに救急出動した回数は248件、熱中症で救急搬送した人数は15人だった。