[PR]

患者を生きる・スポーツ「練習のしすぎ」(5:情報編)

 過剰なトレーニングが長い期間続いたことで運動能力が落ち、疲労が簡単には回復しない状態になるのが、オーバートレーニング症候群だ。

 軽症だと日常生活であまり自覚症状はないが、練習についていけなくなったり、記録が落ちたりする。症状が重くなるにつれ、動悸(どうき)や息切れ、食欲の低下、手足のしびれ、立ちくらみ、微熱といった様々な症状が出てくる。重症になると、不眠や抑うつ、焦燥感といった精神的な症状もあらわれる。

 過度な練習に加え、減量のため…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら