[PR]

 鹿児島市の鹿児島大病院の入院患者15人から、抗生物質がほとんど効かない多剤耐性アシネトバクターや類似の菌が検出され、うち8人が死亡していたことがわかった。集中治療室を中心に院内感染した疑いがあるという。病院は3日正午に記者会見を開き、詳細を説明する。

 県などによると、昨年4月から今年4月にかけて、同大病院に入院していた患者5人から多剤耐性アシネトバクターが検出され、このうち2人が死亡。多剤耐性ではない菌の感染者が2016年9月から今年2月にかけて10人見つかり、6人が死亡した。

 アシネトバクターはどこにでもいる毒性の弱い菌。健康な人に無害だが、高齢者や病気で抵抗力の弱った患者に感染すると重症化することがある。さらに耐性菌は抗生剤が効きにくいため、症状を和らげる対症療法しかできなくなる。

 アシネトバクターによる院内感染は、08~09年に福岡大病院で26人が感染して4人が死亡したほか、09~10年に帝京大病院(東京都)で60人が感染して35人が死亡した例がある。