[PR]

支援通信

 西日本豪雨の影響で観光客が大幅に減った岡山県は、多くの旅行者に足を運んでもらおうと、宿泊予約サイトで利用できる割引クーポンを発行する。大人2人以上、宿泊費の合計が1万円以上という条件で5千円を割り引く。

 県観光課によると、豪雨で直接の被害がなかった倉敷市の美観地区や岡山市の岡山後楽園なども観光客数が落ち込んだ。7月6日から18日までに県内のホテルや旅館をキャンセルした人は推計10万人、影響額は約24億円に上るという。

 クーポンは宿泊予約サイトの楽天トラベル、じゃらんnetで計2千枚を発行。申込者は9月29日までの期間中、1回だけ利用できる。県は経費として1100万円の予算を充てる。

 利用は楽天トラベル(https://travel.rakuten.co.jp/special/prj/201807/?lid=Topc_ichioshi_f_special_prj_201807別ウインドウで開きます)、じゃらんnet(8月9日以降、https://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0795389401/別ウインドウで開きます)へ。(小若理恵)