[PR]

支援通信

 西日本豪雨で被災した学生などの就職相談に対応するため、厚生労働省は岡山、広島、愛媛各県の新卒応援ハローワークに特別窓口を設けている。豪雨の被害を受けた学生や卒業後3年以内の人、採用活動に支障が出た事業主、高校や大学の進路指導担当者などを対象にしている。

 愛媛労働局によると、「求人を取り消したい」との相談が事業主から寄せられており、担当者は「雇用の確保をお願いするとともに、学生のニーズを把握したうえで求人の開拓に努めたい」と話す。広島県のハローワークでは、自宅が浸水した学生からの相談を受け、企業と面接日時の延期を調整した事例もあるという。

 各県の窓口は以下の通り。

・おかやま新卒応援ハローワーク(平日午前9時~午後6時)=086・222・2904

・広島新卒応援ハローワーク(平日午前9時半~午後6時)=電話082・224・1120

・愛媛新卒応援ハローワーク(月・金曜午前8時半~午後7時、火・水・木曜午前8時半~午後5時15分、第2・4土曜午前10時~午後5時)=089・913・7416(田中陽子)