[PR]

 一時失職し、熊本県知事の裁決で復職した熊本市議の北口和皇(かずこ)氏(60)への事務手続きをめぐり、市議会事務局が頭を悩ませている。失職中の議員報酬約409万円を支払わなくてはならないが、本人と連絡がとれないため支払えず、いまも1日500円ほどの「遅延損害金」が発生し続けている。

 3日の市議会議会運営委員会(議運)で、議会事務局が報告した。北口氏は7月12日、失職した3月26日にさかのぼって復職した。

 議会事務局によると、失職中の報酬支払い手続きを進めるため、7月末までに、北口氏の携帯電話の留守番電話へのメッセージ吹き込み3回▽電子メール1回▽配達証明郵便2回で、連絡を試みたが、8月3日午後の時点で、いまだ連絡がとれていないという。20日に北口氏がかつて報酬の振り込みに使っていた口座に振り込もうとしたが、その口座は解約されていた。

 失職中の報酬には、民法で定める年利5%の遅延損害金を加える必要があり、8月3日現在で約3万3千円に上る。すぐに連絡がとれていれば、このうち約1万2千円は加えずに済んだという。

 議運では、市議たちから「遅延損害金も市民の血税なのできちんと対応を」「瑕疵(かし)は受け取る側にあり、遅延金が加算されるのは市民の理解を得られない」といった意見が出た。

 議会事務局は近く、法務局に報酬を供託する予定だ。民法にもとづき、供託後は遅延損害金は加算されなくなるという。(柴田菜々子)