[PR]

宇宙新時代

 人類初の宇宙飛行から、まもなく60年――。米国とロシアを中心に進められてきた宇宙船の開発は近年、民間企業も大きな役割を担うようになってきた。国際協力で進められる将来の月・火星有人探査では、日本は存在感を高めるために、独自技術の獲得を目指している。(浜田祥太郎)

 人を乗せる宇宙船はもともと、冷戦を背景とした米国と旧ソ連の技術力競争のもとで開発が進められた。

 宇宙開発で得た技術は、ミサイルなどに転用できる。相手にリードすることは軍事的にも優位に立つことにつながり、国家の威信を示す効果もあった。

 旧ソ連は1961年、ユーリ・…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら