[PR]

 広島は6日、被爆73年となる「原爆の日」を迎える。広島市中区の広島平和記念公園では、午前8時から平和記念式典が開かれ、核保有国の米、英、仏、ロなどを含む85カ国の代表らが参列する。

 松井一実市長は「平和宣言」で、被爆者とともに核兵器禁止条約の採択に尽力した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN〈アイキャン〉)のノーベル平和賞受賞を歓迎。核兵器のない世界の実現に向けて、国際社会に対話と協調を促す役割を日本政府に求める。

 厚生労働省によると、3月末時点で、被爆者健康手帳を所持する人は15万4859人で、過去最少。平均年齢は82・06歳となった。式典では原爆死没者慰霊碑にこの1年で死亡が確認された広島での被爆者5393人の名前が新たに奉納され、死没者は計31万4118人となる。(松崎敏朗)