[PR]

 生後4カ月で被爆した73歳の女性が6日、初めて公の場で家族の被爆体験を語った。大企業の海外畑で仕事一筋だった頃、原爆と正面から向き合うことはなかった。各地から広島を訪ねる外国人が増え、英語で伝えたいと心が動いた。

 「語られていない家族の物語がたくさんあると思いますが、これもその一つです」

 広島市中区の荒木史子さんはこの日、外国から訪れた人たち約300人を前に流暢(りゅうちょう)な英語で語りかけた。マツダ(本社・広島県)に33年間勤務し、海外広報の担当が長かった。

 原爆投下当時、生後4カ月。両…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら