[PR]

 中国政府は3日夜、中国からの輸入品に追加の関税をかける米トランプ政権の方針に対抗し、米国からの輸入品600億ドル(約6兆6千億円)分に5~25%の4段階で追加の報復関税をかけると発表した。さらに商務省は「その他の反撃措置をとる権利を引き続き持つ」としており、報復は関税以外に広がる可能性がある。

 今回の対象は食品、衣服、医療器具、生活用品など5207項目。商務省報道官は声明で「中国側の段階的な税率による反撃措置は理性的で自制的だ」と述べた。世界のサプライチェーンへの影響も考慮したと主張した。米国側の動向を見極め、課税を始める。

 米国は6月15日、知的財産侵害を理由に中国からの輸入品500億ドル分への高関税措置を発表。うち340億ドル分への高関税を7月6日に発動すると、中国も同日、同じ規模の報復をした。米国は近く、残る160億ドル分に高関税措置を発動する方針で、中国も同規模の報復に踏み切るとみられる。

 しかし、米国はさらに2千億ドル分を対象に25%の追加関税を検討している。これに対し、米国からの輸入が昨年、1539億ドルの中国は関税だけで同じ規模の報復はできない。このため、今回は報復額を600億ドル分にとどめ、他の措置も取ることを示唆した。

 また、商務省報道官は「中国側…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら