[PR]

 世界屈指のオーケストラであるオランダの「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」は2日、セクハラ問題を理由に、イタリア人の首席指揮者ダニエレ・ガッティ氏を解任したと発表した。予定されていた公演は他の指揮者が担うという。

 ガッティ氏は7月末、米紙ワシントン・ポストに、楽団員の女性にキスを迫るなどのセクハラ疑惑を報じられた。同紙によると、ガッティ氏は疑惑を否定している。

 コンセルトヘボウ管弦楽団は2日に発表した声明で「記事により、楽団員や国内外の関係者が動揺した」と指摘。報道後、楽団の多くの女性がガッティ氏の不適切な行為について報告してきたため、同氏との信頼関係は修復不可能なほど悪化したとしている。

 2017年10月、米ハリウッドの有名な映画プロデューサーによる性被害を俳優らが告発したことをきっかけに、世界的な指揮者や映画監督らのセクハラ行為の告発が相次いでいる。(ブリュッセル=津阪直樹)