[PR]

 熱戦が幕を開けた第100回全国高校野球選手権記念大会。手に汗握るせめぎ合いは褐色のグラウンド上にとどまらず、スタンドでの応援もまた真剣勝負だ。その戦いに彩りを添える応援曲のラインナップに近年「異変」が起きているという。どういうことなのか。

「狙いうち」が消えた夏

 「さぁ、2017年の応援歌ランキングトップ20、さっそく行きましょう」

 7月末、テレビ朝日系列で放送された番組「アメトーーク!」の人気企画「高校野球大好き芸人SP」の一場面。昨夏の甲子園で演奏された、応援曲のVTRが次々に流された。耳慣れた曲が下位から順に次々紹介される。しかし、「あの曲」が最後まで流れない。

 ♪ウララ ウララ ウラウラで

 山本リンダさんの「狙いうち」だ。50年近く前の曲だが、高校野球にとどまらず、明治大学が「チャンステーマ」として使い、プロ野球・中日の応援団も演奏していたことがある。16年8月6日の朝日新聞は「これからも応援の定番として使われていくのかな。高校生たちが、私の『狙いうち』を通り抜けて大人になっていくと思うと、誇りを感じちゃいます」という山本さん自身の言葉も紹介している。

 「甲子園ヒットチャート」の変化は「狙いうち」以外にもある。07年夏の甲子園で朝日新聞は、出場49校が初戦で演奏した全曲を試合映像をもとに確認したり、各校に問い合わせたりして調べた。テレビ朝日は今回の調査方法については公にはしていないとし、朝日新聞調べとの単純な比較はできないものの、トップ10のうち6曲が入れ替わっている。

 10年前のトップ10に入っていた6曲のうち「夏祭り」は12位、「ポパイ・ザ・セーラーマン」は16位に残ったが、「狙いうち」のほか「どかーん」「タッチ」がトップ20からも消えている。朝日新聞では応援曲としてカウントした天理(奈良県)オリジナルの「ファンファーレ」の扱いについては、テレビ朝日は明らかにしていない。

 こうした傾向について、野球音楽評論を手がけるスージー鈴木さんは「トップ20から消えた曲も、演奏されなくなった、ということではないと思う。多くの曲が少しずつ選ばれるという多様化、分散化が起きているのだろう」と分析する。

 その上で「新たにトップ10入りした『SHOW TIME』『SEE OFF』も『タッチ』『サウスポー』同様、テンポの速いマイナー(短調)の曲」と指摘し、「1970~80年代の懐メロが、似た曲調の現代曲に『代替わり』しつつある」との見方を示す。

 昔ながらの「タン・タン・タタ・タン」という4分音符を基調としたリズムの人気もいまだ根強いが、変化の兆しもある。鈴木さんが着目するのは「エル・クンバンチェロ」「サンバ・デ・ジャネイロ」というラテンのリズムが2曲チャートインしている点だ。

 「『今までとは違うものを』という高校生たちの指向が見て取れる。今年の夏はどうなるのか、スタンドにも注目していきたい」

2007年夏のトップ10(朝日新聞調べ)

①ファンファーレ(44校)

②アフリカン・シンフォニー(VAN MCCOY、33校)

③サウスポー(ピンク・レディー、23校)

④狙いうち(山本リンダ、21校)

⑤紅(X JAPAN、19校)

⑥ルパン三世のテーマ(16校)

⑦ポパイ・ザ・セーラーマン(15校)

⑧どかーん(真心ブラザーズ、14校)

⑧タッチ(岩崎良美、14校)

⑩夏祭り(ジッタリン・ジン、13校)

2017年夏のトップ10(テレビ朝日系列の番組「アメトーーク!」調べ)

①アフリカン・シンフォニー(VAN MCCOY、36校)

②サンバ・デ・ジャネイロ(BELLINI、26校)

②ウィー・ウィル・ロック・ユー(QUEEN、26校)

④エル・クンバンチェロ(HERNANDEZ RAFAEL、22校)

⑤サウスポー(ピンク・レディー、21校)

⑥ルパン三世のテーマ(20校)

⑦紅(X JAPAN、18校)

⑧SHOW TIME(湘南乃風、17校)

⑧SEE OFF(BRAHMAN、17校)

⑩SGラッシュ優勝戦BGM(パチスロ モンキーターン、16校)

     ◇

ロッテ元応援団長で作曲家・ジン・トシオさん

 じわり、じわり。高校野球の応援スタンドがこの人の色に染まりつつある。プロ野球・ロッテの元応援団長で、現在は楽天で応援プロデュースに携わる作曲家のジントシオさん(38)だ。ロッテの応援曲は甲子園でも定番化。学校側からの依頼で、オリジナルの応援曲づくりを始めている。

 7月31日、夏の甲子園初出場を決めたばかりの奈良大付(奈良市)をジンさんが訪れた。同校オリジナルの応援曲を作るためだ。

 「歴史に残る曲を作ろうぜ!」。ジンさんの呼びかけに「おうっ!」と約30人の応援チームの野球部員らが応える。昨年夏、ジンさんは初出場の早稲田佐賀にオリジナル曲を提供した。

 今夏の奈良大会で奈良大付が、この曲を「耳コピ」(聴音)で演奏しているのを知り、「音が少し違う。正式な譜面で演奏を」と、関係者を介して楽譜の提供を申し出たのがきっかけ。

 話が進むうちに「せっかくならオリジナルを」と決まり、曲のイメージや詞を野球部員らと話し合いながら仕上げた。曲のタイトルは、スクールカラーにならって「青のプライド」と名付けた。応援を担当する山本千尋教諭は「初出場の甲子園は、この曲で勝負したい」と張り切っている。

 ジンさんは、プロ野球ではロッテ、楽天、サッカーはFC東京、SC相模原、バスケの千葉ジェッツから台湾と韓国のプロ野球まで、様々なスポーツの応援に関わってきた。

 ジンさんが高校野球でオリジナル応援曲を作ったのは早稲田佐賀が初めてだが、ロッテ応援団時代に使った応援曲が夏の甲子園で流れるケースも近年急増中だ。「アメトーーク!」の応援歌トップ20にロッテの応援で知られる「SGラッシュ優勝戦BGM」「Bring On Nutty Stomper Fun」「Skinhead Running」が入った。

 ジンさんは「トランペット数本のプロ野球応援にはない吹奏楽の音の厚みを意識しつつ、『負けたら終わり』の高校野球のはかなさを表現したい。詞は生徒も先生も父母もOBも、みんなで声をそろえて歌う『アンセム(賛歌)感』を大切にしています」とオリジナル曲づくりの秘訣(ひけつ)を明かす。その上で「良い歌は残り、そうでない曲は淘汰(とうた)される。歌い継がれる応援歌を作っていきたい」と話している。(秋山惣一郎)

     ◇

ライター・梅津有希子さん

 この夏は、100回目の記念大会。全出場校を見届けようと、甲子園に来ています。やはり高校野球の応援の魅力を感じるには、球場で観戦するのが一番だと改めて感じています。

 その魅力というのは、選手を後押しする音楽の力です。いつもは高校で机を並べている仲間が目の前で必死に戦っているのだから、自然と応援に力が入る。仲間の奮闘を祈る高校生たちの熱量が、球場全体を巻き込んでいく。その熱量が、選手たちの力を引き出すのです。

 野球と吹奏楽の相性の良さも、熱がこもる一因でしょう。野球は投球間、打者や攻守の交代など、試合展開に緩急があるので、メリハリのついた演奏になる。プレーとプレーの間で一呼吸おける点が、応援の爆発力を生むのだと思います。

 この大会でも「応援で流れが変わった!」と思わされるシーンを見ました。すさまじい迫力の応援が、勝利を引き寄せた瞬間です。みなさんもぜひ、球場で「応援の力」を実感してください。(飯島啓史)

梅津さんが「お気に入り」に挙げる応援ソング5選

◆近江(滋賀)

応援を洋楽メドレーに刷新した新チャンステーマ「Fireball」

◆浦和学院(南埼玉)

オリジナル曲「浦学サンバ」は沖縄を中心に多くの出場校が演奏

◆日大三(西東京)

三回と七回に繰り返し演奏される勇壮なオリジナル曲「Come on!!」

◆前橋育英(群馬)

応援席の最前列に並ぶ鉄琴による涼しげな音色の「RUN and GO」

◆星稜(石川)

音階の上がり下がりが特徴的な「星稜コンバット」

     ◇

 うめつ・ゆきこ 1976年生まれ。ライター、編集者で「高校野球ブラバン応援研究家」を自称。北海道・札幌白石高吹奏楽部時代に全日本吹奏楽コンクール金賞受賞。著書に「ブラバン甲子園大研究」(文春文庫)がある。