[PR]

 中国福建省アモイの沖合にあり、台湾が実効支配する離島・金門島に向け、中国側から水を供給する送水管が完成し、同島で5日、通水式が開かれた。中国本土からの給水は中台関係が良好だった時期に決まったものの、一昨年の台湾側の政権交代で関係は冷却化。式典は、双方の当局者が出席しない形で催された。

 海底を走る長さ約16キロの管を通じ福建省から河川水を買い取る。将来は1日3・4万トンの供給を受けるという。金門島や周辺の小島を抱える金門県の登録人口は約13万人。雨が少なく、水不足に悩まされてきた。

 かつて金門島は海を挟んで砲弾が飛び交う中台にらみ合いの最前線だった。中台が通水計画で合意したのは、中国に融和的な姿勢を取った国民党の馬英九(マーインチウ)政権時代の2015年。中国側の張志軍・国務院台湾事務弁公室主任(当時)は「同じ家の人間として同じ水を飲もう」と呼びかけるなど、将来の中台統一を目指し台湾世論を懐柔する狙いがあった。

 だが16年、台湾で独立志向のある民進党の蔡英文(ツァイインウェン)政権が発足。中国側の宣伝に利用されることを警戒した蔡政権は今回、金門県政府に式典を見合わせるよう要請した。だが、無党派の地元首長は「庶民の暮らしが第一だ」と開催を決定。ただし、中台双方の当局者は招かない形式となった。

 一方、中国側は5日、福建省で独自に式典を開催。報道によると、国務院台湾事務弁公室の劉結一主任が、蔡政権を念頭に「台湾の一部の人々が暗い政治目的で民衆の水問題の解決を妨げている」と批判した。(西本秀

こんなニュースも