北朝鮮、モテモテ状態 各国から会談の申し出殺到

有料会員記事

シンガポール=牧野愛博
[PR]

 東南アジア諸国連合ASEAN)地域フォーラム(ARF)出席のためシンガポールを訪れた北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相に、各国から会談の申し出が殺到した。北朝鮮代表団関係者が5日、朝日新聞の取材に明らかにした。米朝対話の影響を受けたとみられる。李氏は3、4の両日で計11の国・機構との会談をこなした。

 李外相は2日間で、カンボジア、ラオス、インド、インドネシア、タイ、中国、ベトナムフィリピン欧州連合(EU)、ミャンマーニュージーランドの外相らと会談した。昨年の会議では、北朝鮮の「後ろ盾」の中国とロシアのほかはASEAN議長国だったフィリピンと会談しただけだった。

 同関係者は「実際、より多くの国から会談の要請があった」と説明。フィリピンのように国際会議場で直接、北朝鮮に会談を申し入れた国もいくつかあったという。同関係者は「時間が足りず、立ち話で済ませた国もあったが、すべて実現できなかった」と述べた。

 現地の外交関係筋によれば…

この記事は有料会員記事です。残り316文字有料会員になると続きをお読みいただけます。